山崎昌伸 プロフィール

 

山崎昌伸プロフィール


1947年   昭和22年12月21日京都にて誕生

2001年   京都の繊維会社に32年間勤務、4月末に退職、その後スペイン、国内を旅し、秋に芦生と美山かやぶきの里を訪問、その美しさに魅せられ絵を描くことを決心する。

 

2002年   水彩画並びに陶芸の制作活動に専念する。

2003年   春(3月)滋賀県甲南町 ギャラリー阿瑠我儘にて初の個展《花化粧》を開催。

       この春から滋賀県草津市の矢橋中央病院ロビーにて常設展示を始める

        春展《櫻》 夏展《患者と医者》 秋展《女心》冬展《楽》

2004年   春展《ありがとう》夏展《夢》秋展《命》冬展《涙》を開催

        病院内にて患者さんに話しを聞きながら色紙を書く活動も平行して行う

        6月 【時間が止まる時(とき)】の葉書16種類を発表

この葉書は2011年には約50種にもなる

        11月 京都美山かやぶき交流館にて個展が始まる

2005年  2月 福井県小浜市 森林の水PR館にて 作品「水」を発表

        3月 心の旅日記 美山かやぶき民家をテーマにした葉書8種類を発表

        4月 京都美山かやぶき交流館にて作品「さくら」を開催

2006年から美山をベースに全国百貨店にて展開。

2007年京都祇園にてさくら展を開催。

2009年京都の町屋『たま妓』

2009年オーストリア、グラーツ

2010年ポルトガル、ポルトにて開催。

現在常設展示として 広島県立美術館、滋賀県大津子育て支援センター、滋賀県矢橋中央病院、京都町屋・和のふれんち料理『たま妓』、などに展示、介護老人ホームなどボランティア活動も行う。

山崎昌伸 奥のバカ道倶楽部 http://okubaka.com